On Your Marks~グンマーより・・・

単身赴任のおっさんがサブスリーを目標に頑張ってます。

台風一過 30kmジョグとボストンブースト2、そしてなぜかラグビーについて

9月18日(月) ジョグ30.0km (6:12/km)
9月累計 221.2km
体重 / BMI →59.35kg / 20.4


3連休の初日、2日目とスピードを上げた練習を行ったので(自分比)、
今日はゆっくりジョグ。

午前7時15分にスタートしたが、既に蒸し暑い。
日陰はまだマシだが、直射日光を受けるとまるで真夏の様。

大利根緑地から利根川サイクリングロードを15km上り、15km下るコース。
7-8月とサイクリングロードを走りこんだが、9月に入り明らかにランナーの数が増えた。
11月開催のぐんまマラソンを走るランナーでしょうか?

一週間前にウルトラマラソンを走り、
連休初日、2日目とも21km走っているので足が重い。
暑さの影響もあり、後半の10kmがとにかく辛かった。

ジョグ用のシューズをボストンブーストからボストンブースト2に買い替えた。
先代は多分走行距離は1,000kmを軽く超えていたので、お役目御免。
ボストンブースト2は、今回のジョグで2回目の使用。

第一印象は、そのホールド感。
とても安定感がある。特にヒール部分。
クッション性もあり、練習用シューズとしてはマルだと思う。
今週末開催の榛名湖マラソンに投入予定。
アップダウンの激しい榛名湖のコースから足を守ってもらおうかと・・・


閑話休題

先日KJさんよりコメントいただいたが、KJさん自身ラグビー経験者とのこと。
私はラグビーの経験は無いが、学生時代からちょっと前までラグビー観戦にハマっていた。
学生時代は、ラグビー観戦には常軌を逸するほどの熱の入れ様だった。
観戦チケットを購入するために2日徹夜で並ぶとか(笑)
卒業後も関東圏に居る時は、秩父宮や国立には通ってた。

結婚し子どもができた後もラグビー観戦熱は続いていた模様。
2004年の年賀状。

170918ご幼少の娘kai

娘にレプリカジャージを着せているw

KJさんのコメントで思い出したラグビーのことでした。


深夜の2時台に目覚め、ブログ更新した。
どうやらブログ村はメンテナンス中とのこと。
今アップしても新着に反映しない様子。
もしかすると、誰にも読まれない記事になるかもね。
それでも気づいて読んでいただけた方、応援のクリックをいただけると嬉しいです。


にほんブログ村

  1. 2017/09/19(火) 02:54:43|
  2. 練習日記
  3. | コメント:2

サロメチールと芝のにおいは、青春の思い出

9月17日(日) 21.2km 9月累計 191.2km

・アップ 8.0km (6:42/km)
・BU走 10.5km (5:58/km→4:09/km)
・ダウン 2.7km (6:17/km)

体重 / BMI →59.50kg / 20.5


本日はシャワーラン。
台風の直接的な影響は無かったので走った。
BU走で3分台まで入れたかったが、自重。
故障が怖い。


関東地方は、明日の午前中まで台風の影響を受けるのか?
備えあれば憂い無し。
しこたま、酒とツマミを買い込んだ。

そして、既に飲んでいるw

170917モツとチューハイ

明日の昼までは、篭城できる(笑)。


私は学生時代に陸上競技経験はない。
40歳過ぎてから走り始めたクチ。
よくあるパターンです。

現在グンマーでリアルなラン友がいるが(ブログの存在は知らない、多分・・・)、
結構、陸上経験がある方が多い。


さて、掲題の件について。

これは、陸上経験のある年上のラン友が本日発した台詞。
う~ん、含蓄あるぜ

私もここ数ヶ月、ラン後のケアにサロメチールを使用していた。
ドラッグストアーでチューブ形式40gを都度購入。
40gだとすぐに無くなるんだよね。


170917サロメチール40g


本日、意を決して大人買い。
サロメチール200gの2セットだ!


170917サロメチール200gの2セット


これを使い切ったら、サロメチール非公認スポンサーの上州の竜さんに弟子入りしようかと(笑)



台風18号の被害が気になります。
実家のある鹿児島、
留守宅のある福岡、
もう、災害は勘弁して欲しいです。

普通に走れることに感謝です。


にほんブログ村
  1. 2017/09/17(日) 13:43:21|
  2. ランニングギア
  3. | コメント:2

フルマラソンの練習を再開しました

9月16日(土) BU走21.1km (5:33/km→4:04/km)
9月累計 170.0km
体重 / BMI →59.50kg / 20.5


榛名湖マラソンからの挑戦状が届いておりました。

170916榛名湖マラソン挑戦状

来週日曜開催。
今シーズン初フルマラソンまであと1週間しかない(焦)。
レースを用いた練習の位置づけだが、あの激坂周回コースを走れるか?
不安だ・・・


さて、掲題の件。

久しぶりにフルマラソンの練習だ。
フルマラソンの練習って何すればいいん?

忘れた・・・

考えるのが面倒くさいので、練習会に参加することにした。
本日のメニューは3kmの周回コースを6-7周するペース走とのこと。
とりあえずキロ5:00の組に入り、スタート。

予定では、3周→給水→2周→給水→2周。
メンバーは知っている方ばかり。
多分、最初は遅いけど途中からキロ5:00より速くなるのは必至。
ペース走ではなく、ビルドアップ走になることは容易に予想できる。

結果↓

170916ガーミンラップ前半
170916ガーミンラップ後半

やっぱり、ペースが上がった。
このメンバーは負けず嫌いだ(笑)。

やはり、スピードが劣化している。
まだまだ、フルの練習を再開したばかり。
これからスピードと距離を融合させ、最初のピークをつくばにもって行きたい。

【年内のフルの予定】
・09月24日:榛名湖マラソン
・11月03日:ぐんまマラソン
・11月26日:つくばマラソン


既にフルの練習を本格的に始めている方、
ぼちぼちスタートした方、
全く目処が立っていない方、
お互いに頑張りましょう!
応援のクリックお願いします。


にほんブログ村
  1. 2017/09/16(土) 15:30:12|
  2. 練習日記
  3. | コメント:2

【緊急投稿】 スタートラインに立てないということ 【丹後ウルトラ中止】

プチ炎上覚悟の投稿。

本日、丹後ウルトラマラソンの中止が発表になった。
原因は台風18号の接近。
ランナーとボランティアを含む大会関係者の安全が確保できない故の中止の判断は仕方ないと思う。
でも、このために練習を積んできた方々のことを思うと本当に本当に胸が痛む。

本日、全く別の内容を書く予定だった。
自身が初ウルトラ完走で思ったこと。
→装備・補給・暑さ対策・ペース等々

備忘録的な意味合いもあるが、
もしかしたら今週末の丹後を走る方にもお役に立てるかもしれない、と思っていたから・・・

だから今日は書かない。



自身が参加した一週間前の白山白川郷ウルトラマラソンについて。
ランネットを中心に様々な感想・意見が飛び交っている模様。
高評価と低評価にはっきり二分されている。
低評価の方の意見のほとんどは、大会をより良くしたい!という建設的な意見だ。
でも、ごく一部残念な意見もあった。

自身レース後、体育館で横になり体力の回復を図っていた際、
横に居たDNFしたランナーが大会を前回比で酷評していたのも聞いた。


コース変更され後半は単調なコースを走ることはエントリー時に分かっていたこと。
暑くなるのは事前に予想できたこと。
参加料アップも事前に決まっていたこと。



それを承知でエントリーしたのですよね?


レース後半は暑さと直射日光で意識が朦朧とし、
果てしなく続くサイクリングロードや河川敷に心が折れそうになった。
本当に辛かった。
それを全部ひっくるめてのウルトラマラソンだと思って走っていた。
※暑さ対策の注意喚起(帽子・手ぬぐい・マイボトル)は大会要項でされておりました。


苦しい時に提供される飲み物は、ぬるくても「命の水」だった。
名簿で確認して名前で呼んでくれるボランティアの方には心から感謝した。
疲労で紙コップを落とした時「そのままでいいよ。」にはごめんなさいした。
ゴール後汗臭い私の肩を担いで救護テントまで運んでくれた学生さんには何度もお礼を言った。
今思い出しても涙が出てくる・・・

本当に素晴らしい大会だった。
ボランティア、大会関係者、途中絡ませて頂いたランナーに感謝。
飲み物がぬるくなったてことは、想定以上に暑い中ボランティアさんが頑張っていただいたってことぢゃない!



そんなに酷い大会でしたか?
白山白川郷ウルトラマラソン。



週末、丹後を走る予定だった方々はスタートラインに立てないのですよ。
良かったor悪かった、遣り切ったor課題が残ったを感じることさえできないのですよ。
厳しい練習の成果を試すことができないのですよ。
しかも、参加料の返金も無いのですよ。

レースのスタートラインに立てることを当たり前と思ってはいけない。


にほんブログ村
  1. 2017/09/15(金) 22:11:30|
  2. 徒然日記
  3. | コメント:6

【レポ後編】 白山白川郷ウルトラマラソン 【灼熱地獄の中で自分の「蜘蛛の糸」を見つけた】

9月14日(木) ランオフ 9月累計 148.9km
体重 / BMI →60.55kg / 20.8


筋肉痛も和らぎ、久しぶりにゆっくりジョグで5km程度走る予定でした。
しかし、走るよりレポを完結させることが優先と思い、断腸の思いでランオフ。


さて、レースレポ後編。
今日こそはゴールまで書きます。

当初のレースプランは65-70kmまでキロ5:40をキープ。

現状70kmまでの平均ペースは、キロ5:31(ガーミン値)。
レースプランより順調に走れている。
タレてきてるとは言え、今現在のラップもキロ5:40前後。
キロ6:00未満で走れている内は、サブ10に対し貯金を作っているということ。

51.4kmのドロップバッグポイントを出発してから、多分一人にも抜かれていない。
自身気温と直射日光にやられダメージは大きいが、周りは私より疲れているのだ。

私は人より遅いけど強い!

なかなか冷静に考えることはできないが、気持ちを持って走り続けられればイケる。


手取川河川敷以降、1名の女性ランナーと走る機会が多くなった
彼女は私よりずっと速い。
TVクルーが付いているので、多分女子1位。
女子1位であることがゴール後判明しました

「多くなった」とはおかしな表現だか、
こういうこと。

私をスッと抜いていく。
※地元のランニングチームの選手の様で、応援団兼私設エイドも設営されていた。
公設エイドで十分な補給と休息とコミュニケーションをとっているのか、滞在時間が長い。
一度抜かれてもエイドで追い付き、私が先にエイドを出る。
そしてまたスッと抜かれる。

※以下リフレイン(繰り返し)

何度目かに抜かれそうになった時に、
「頑張ってください」と声かけてみた。
「お互い、頑張りましょうね」と返しあり。
いい人だ・・・
そして、あっという間に視界から消えて行った(苦笑・・・


スタートから70kmまでは10kmスパンでレース展開を考えていた。
70kmからはとても10km先まで考えられなくなった。
70kmからは5km刻み。5kmでも長い。

80km手前79km位か?とうとう足が辛くなってきた。
足が攣る2歩手前。
攣ったら全てオシマイ。
貯金があるので戦略的にペースダウンすることに。
キロ6:00~6:10で走ることとし、81.1kmのエイドでメイタンゴールドとアミノバイタル4000mgを投入。

-79km キロ5:59
-80km キロ5:58
-81km キロ5:57
-82km キロ6:34(エイド)
-83km キロ6:05
-84km キロ6:04
-85km キロ6:04
-86km キロ6:50(エイド)

緩やかに減速し、手取川河川敷をクリアー。
この減速で足への負担は最小限に抑えられた。
でも、まだ油断は全くできない。

ここから94km地点手前まで海沿いコースを走る。
もう5km先のことも考えられないくらい疲弊している。
さらに一段減速。
とにかく1km1kmを足が攣らないよう丁寧に走ることだけを考えた。

-87km キロ5:53
-88km キロ6:09
-89km キロ6:34(エイド)
-90km キロ6:18
-91km キロ6:52(エイド)
-92km キロ6:21
-93km キロ6:27
-94km キロ6:46(エイド)

松任海浜公園を経由し、市街地を5km走ればゴール。
公園内に入ってからコース上に折り返し地点があった。

170914折返し地点

スライド区間で先ほどの女子が声かけてくれた。
「折り返しがあるので気を付けてくださいね」
いい人だ・・・

確かにコース上に小さな三角コーンが置かれているが、誘導する人はいない。
いっぱいいっぱいで走っていたので見落としていたかもしれない。
本当に助かった。

市街地は交通規制されていないので、赤信号はストップ。
信号ストップによるタイムロスよりも、ペースが狂うことの方が痛い。
足が攣りそうな今は、ゆっくりの等速直線運動が望ましい。
ストップ&ゴーは足攣りを誘発する。
しかし、都合6回程の信号ストップを余儀なくされた。

99km地点でも信号ストップ。
横断歩道を渡った後右折するするのがルートのところを、全く気がつかず直進。

170914コースロスト

後ろから係員が追いかけてきて、正規ルートへ誘導頂いた。
もう右折表示にも気がつかないくらい意識が朦朧としていた。

ゴールの松任総合運動公園内に入り計測マットを踏んだが、ここはゴールでないらしい。
もう1mmも走りたくない。
ゴールのアーチが限りなく遠く感じる。
サングラスを外し、もう本当にいっぱいいっぱいでゴールテープを切った。


初ウルトラのゴールは半端ない達成感と感動があると聞いていた。
自分も、もしサブ10でゴールできたら絶対に泣くと思っていた。
でも実際のゴール直後は達成感も感動も涙もなく、
ただボランティアの学生にもたれかかるのが精一杯だった。
その後、救護テントへ運ばれた後、車椅子で体育館へ移送されてのは既出の通り。


体育館で3時間位休んだ。
体力が回復するとともに、サブ10達成の喜びが湧いてきた。
マジで嬉しい・・・


私のウルトラ挑戦はこれにていったんは終了。
いったんは?

最後に完走証と10km毎のラップを掲示し、レースレポおしまいとします。

170913完走証

170913ランナーズアップデート


次回は自身がウルトラ初挑戦に際し、思ったこと等々を書きます。


今日は少し真面目に書いてしまった。
レポが前編・中編・後編でトーンが違うのが読みずらい。


とりあえずお疲れ様でした、
サブ10おめでとう、
大撃沈が見られず残念、
酔っぱのくせして完走しやがった、

応援のクリックをいただけると嬉しいです。


にほんブログ村
  1. 2017/09/14(木) 21:00:33|
  2. レースレポ
  3. | コメント:2
前のページ 次のページ