FC2ブログ

On Your Marks~グンマーより・・・

単身赴任のおっさんがグランドスラム達成を目標に頑張ってます。

サブ3とサブ10達成について語る

12月5日 ランオフ 12月累計 41.4km
体重 / BMI → 62.10kg / 21.4


昨夜はお取引先様の忘年会にお呼ばれ。
結構な量を飲み食い頂戴しましたが、体重は前日比マイナス1.0kg。
カロリー収支的には間違いなくプラスだったはず。
人体の不思議です。


さて掲題の件。

今年のレース結果ですが、
暦年でフルサブ3とウルトラサブ10を2回づつ達成しております。

・サブ3→別大(2月) / つくば(11月)
・サブ10→日光(6月) / 四万十川(10月)

それぞれ複数回かつシーズン跨ぎでの達成ですので、フロックではないのかな?とそろそろ思い始めております。


一方で練習についてはどうだったでしょうか?

まずは走行距離。
平均月間走行距離は238.7km/月でした。
300km超は5月の300.3kmと9月の332.1kmの2回のみ。

そして、内容に関して。
最近こそヤッソ800に取り組んでおりますが、スピード練習は皆無。
閾値走もやったかやらなかったか程度。
30km走も一度もサブ3ペースでコンプリートできておりません。
motoさんではありませんが、テキトー走メイン(笑)
ただ平日はお酒を飲みたい派ですので、週末に長い距離を走ることは多かったかもしれません。
練習で走る「1コマ」の距離は長かったかな?
でも一般的なサブ3/サブ10ランナーに比べると距離・内容とも相当劣っていると思います。


そんなワタクシが、サブ3/サブ10達成について書いてみようと思います。
多分、このような項目を書くつもり。

■サブ3難易度について

■練習でできないことはレースでもできない?

■サブ3.5達成後~サブ3まで
 ※マイルストーンをどこに置くか

■サブ10の走り方と個性

■その他思いついたこと


今回は一つだけ。
サブ3の難易度について簡潔に書きます。
なおここでのサブ3はギリ3時間を切るレベルを指します。
サブ50~は別次元です。


一言でいうと、

簡単ではないけど難関ではない。

健康な男子であれば陸上経験や運動経験が無くても到達できるレベル。
これより高いレベル(サブ50~)になると年齢や素質や過酷な練習等の要素が加わってくると感じでます。

誰でも到達できる可能性がある最高レベル?
仕事や日常生活を犠牲にすることなく到達できる最高レベル?

とも思っております。

今は、
サブ3の壁に跳ね返される!
サブ3の険しい頂!
という表現はちょっと大袈裟かな?と感じること多々。

以前は、
キャスティングでのクロマグロ100kgとフルマラソンのサブ3を同レベルと考えるくらい、サブ3は崇高なものだと考えておりました。
ちなみにキャスティングでクロマグロ100kgゲットした人は、日本で数人程度しか居ないと思います。
その考え自体が、自身のサブ3奪取を数シーズン遅らせたと思ってます。
その辺はおいおい書きます。



簡単ではないけど難関ではない、根拠?エビデンス??
そんなもんありません。

理由はこんなワタクシでもできたから。

それで十分です。

こんなワタクシがどんなワタクシであったかを書くことが、
イコール、上記■項目記述になります。
今後書くことはかなり偏った記載になるかもしれませんが、全て事実です。
サブ3/サブ10を目指す方の一助になれば、この上ない幸せです。


普段急いでいる時に目前で点滅する歩行者用信号を見ても、駆けるためのその一歩を踏み出せないくらいに疲れているオッサンのワタクシでもサブ3/サブ10は獲れました。
応援のクリックをいただけるとうれしいです。


にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2018/12/05(水) 20:42:26|
  2. 徒然日記
  3. | コメント:0
<<練習でできないことは、レースでできない? | ホーム | ガーミンと機種変後スマホのペアリング不良問題>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する