On Your Marks~グンマーより・・・

単身赴任のおっさんがグランドスラム達成を目標に頑張ってます。

みっつ、中国鍼治療を受けている

6月14日(木) ジョグ10km (6:20/km)
6月累計 69.6km
体重 / BMI → 62.50kg / 21.5


2週連続短い距離の駅伝が続きましたので、最近距離を踏んでおりません。
やっぱり駅伝前はスピ練が中心になってしまいます。
まあ、それほどスピ練もやりませんでしたケド・・・
そしてついに今週末はウルトラ100kmです。
今月に入り20kmを超える距離を走っておりません。
ちょっと心配ですね・・・


さて、掲題の件。

順風満帆に見えるワタクシのラン生活。
実はアチコチ痛かったり不具合があったりするのですよね。
まあ、走られるから故障ではないのでしょうケドね。

今、心配(痛い)なのはココです。

・右臀部の奥深い箇所
・左足底の土踏まず~母指球付近
・安定の腰痛

実は最近、治療院に通っております。
ラン仲間から紹介いただいた治療院です。
以前通っていたジム仲間の接骨院とは違います。
慢性的な痛みの場合、健康保険が使えないので・・・

施術師はガチランナーで、大学まで長距離のトップアスリートだった方。
詳細は措きますが、一旦本格的な競技を離れた今でも超速い方です。

治療の流れは、

・鍼を臀部・腰・背中・足裏等に打つ(30本位)

・電気を20分流す

・臀部に鍼をブスブス

・全身マッサージ

・ストレッチ

というような流れで、全体で100分位です。

鍼は中国鍼と和鍼を使用し、
患部が深い臀部は中国鍼がメインとなります。
和鍼の刺す(打つ)部分が36mmに対し、中国鍼は倍以上の75mmでしかも太い。
75mm目一杯刺すので、刺激(響き)はハンパない。
というより、メチャ痛い。
特に電気を流した後の臀部ブスブスタイムは脂汗が流れます。

初診の時は筋肉が固く鍼が骨に当たっているかのようになかなか入らなかったそうですが、
最近は少しマシになってとのこと。
それでもあまりにも固いとのこと。
ここまでくると、テニスボールやソフトボールグリグリ程度ではほぐれないそうです。
今までストレッチ等を疎かにしていたツケですね・・・

鍼の後のマッサージも60分以上かけてしっかりやってくれます。
これまた超痛いのですけどね・・・
みっちり100分の治療で4K円。
他はあまり知らないけど、高くはないと思います。
秋のシーズンまでに改善できればいいな。


さて、ウルトラのレースプランは未だ白紙。
序盤のいろは坂をどれだけ脚を残せて走られるかが、ポイントだと思っております。
まあ、シーズン序盤ですので気負いなく走ろうと思っております。


鍼の響きが苦手なアナタ、
中国鍼を試してみたいアナタ、
足底の鍼は怖いと思うアナタ、
応援のクリックをいただけるとうれしいです。


にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2018/06/14(木) 23:09:26|
  2. 徒然日記
  3. | コメント:0
<<秋のレースエントリー過多問題 | ホーム | 【サシノミ】 とあるブロガー様と・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する