On Your Marks~グンマーより・・・

単身赴任のおっさんがサブスリーを目標に頑張ってます。

ランニングスクールでのペーサー 後編

3月29日(水)

ランオフ 月間累計:223.6km
体重/BMI→58.05kg / 20.0

本日も接骨院でメンテ。

接骨院の院長とは、通っているジムのスタジオレッスンで知り合いました。
お互いよく知った仲ということもあり、症状や痛みに関してのコミュニケーションが上手く図れます。

この接骨院はローラーや超音波等の機器は使用せず、ほぼ手技のみでの施術となります。
※メドマーと呼ばれる脚の浮腫をとるエアマッサージ機はあります。
筋肉にダイレクトに刺激を与えほぐして頂けるので、効果を実感できます。

3日連続で通院しましたが、本当に脚が軽くなりました。
時間とお金と相談しながら、しばらくは詰めて通いたいな・・・


さて、ペーサー続編。今回で終了です。

5:40を目途に刻んでいきます。コースは川沿いのサイクリングロード。
下流から上流に5km上って、折り返して5km下る。
基本、5km毎の上り基調と下り基調の繰り返しになります。
その中にも小刻みなアップダウンがあるので、1km毎にピッタリ設定ペースで走るのは難しいっす。

30km走高低差
<高低差>

主ペーサーの隊長@ラン仲間曰く、
「1km毎のペースではなく、5kmでラップを確認していますので安心して下さい」
安心したのはスクール生ではなくワタクシ(苦笑・・・

スタート地点と折返し地点には給水テーブルが設置され、本番さながらに紙コップにて水・スポドリが用意されておりました。
主ペーサーの隊長@ラン仲間は、ここでも給水方法をレクチャー。

紙コップの取り方、コース取り、紙コップを潰して飲む方法、ゴミ箱へ捨てるマナー等々・・・
我々は当たり前にやっていることでも、スクール生にとっては知識の泉だった様子。
※私は寒さに起因する尿意との戦いのため給水には参戦せず。「OH~!尿~!!」状態でした

20kmを過ぎると、背後から荒い息遣いが聞こえるようになりました。
心肺に負担がかかってきたのでしょうか?
心拍数が測れるガーミンを着けていたので聞いてみたところ、心拍数166とのこと。

30km走心拍
<ワタクシの心拍数>

その瞬間のワタクシの心拍は131。
隊長@ラン仲間から指令が入りました。

「みっつさん、ホンの少~しだけペース下げて。キロ1秒くらい」

1kmで1秒のペースダウン。そんなに器用ではありませんよ(笑)
結果そのラップ、5秒下がりましたよ・・・

そんなこんなで25kmの折返し。ラスト5kmです。
ラスト5kmはフリーとしました。
まだ余力のある方、いっぱいいっぱいの方、それぞれでした。
余力のある方は最後上げて終わりたい様子でした。

ただ、本日はラスト5kmですが本番はあと17km以上もあります。

コレ重要
繰り返しになりますが、超重要

そのあたりを踏まえて、各自走っていただきました。
ワタクシは、スクール生のボリュームゾーンに合わせて若干のペースアップ。

30km走結果
<30km走の全体ペース>

怪我・故障人を出すことなく、無事30km集団走のペーサーを全うできました。
ホッと一安心。

担当のスクール生はサブ4狙いで、持ちタイムは4時間一桁から4時間20分位でした。
サブ4獲った経験のある生徒は一人もいらっしゃいませんでした。
このレベルの方々は、「ワタクシ程度のランナーのオハナシ」がリアル感があって響いたみたい。(個人的感想)
自分よりちょっと速い人の経験談
自分から積極的に話しかけることはしませんでしたけど、質問されたことには丁寧に回答した。(つもり)
自分の記録を追うのが本道ですが、たまにはこういうのもアリかな?
本当に楽しかった!

ペーサーレポ終了
おわり


実はGW後の「仮装マラソン大会」のコスで悩み中。
仮装衣装は自作するのが鉄板ですが、今年は時間が全くございません。
単身赴任中のオッサンの悩みは無限大。


にほんブログ村




スポンサーサイト
  1. 2017/03/29(水) 20:53:23|
  2. 練習日記
  3. | コメント:0
<<今シーズンの振り返りと来シーズンに向けて思ふこと レース編 | ホーム | ランニングスクールでのペーサー 中編>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する