FC2ブログ

On Your Marks~グンマーより・・・

単身赴任のおっさんがグランドスラム達成を目標に頑張ってます。

クリック合戦(先着順)に勝つためのオレ流策

3月21日(水) 多分ランオフ 3月累計 148..2km
本日体重 / BMI → 未計測


珍しく午前中の更新です。
本日休日ですが、あいにくの冷たい雨。
脂肪燃焼ジョグの予定でしたが、ランオフとします。
気が向けば、ジムでトレミするかも?


さて、掲題の件。

先日、富士登山競走のエントリーは成功しました。
周囲を見回すと、エントリーに失敗した方多数。
近年、人気の大会のエントリーは熾烈を極め、
タイムを出すこと以前にエントリーすること自体が高い壁として立ちはだかりますね。
※いわゆる「0(ゼロ)関門」

具体的には、
富士登山競走、別大カテゴリー4、
防府サブ4枠、大阪市民アスリート枠、
青島太平洋、さが桜、
あと、つくばもそうでしょうか?
何気に安政遠足の峠コースも狭き門(笑)

0関門を突破するには少なくとも、
開始時刻にエントリーをするのは基本中の基本。
ちょっとでも出遅れたらアウト!

それ以外に工夫(努力)することは、大きく分けて2点あると思います。

・早く回線に繋げる工夫
・接続後、早く入力する工夫


以下、簡潔に書きます。
なお、これから書くことは自身の経験に基づくものですので、絶対ではありません。
あと、エントリー慣れしている方にとっては「常識」的な内容です。


■エントリー画面直前で待機

よもやランネットのトップページから入る方はいらっしゃらないと思いますが、念のため。
人気の大会では、エントリー開始から(正確には直前)ビジー状態となります。
よって、エントリー画面までの変遷が多いとそれでアウトです。

下の画面は明日からエントリー開始の白山白川郷の画面です。

180321PC白川郷一歩前

この画面の赤枠の「準備中」が、エントリー開始時刻になると「エントリー」に変わります。
でも、ここで待機してもダメ。
準備中をクリックし、次の画面での待機が正解です。

180321PC白川郷最終


エントリー開始されると、以下の画面になります。
※例は既にエントリー開始している日光ウルトラ

180321PC日光一歩前
180321PC日光直前


■エントリーは開始時刻29.5秒前

これこそ根拠レスですが、今のところ成功しております。
例えば、21時エントリー開始の場合は20時59分30秒を超えた瞬間にF5(リロード)を押下。
時刻はダイヤル117をスピーカーにて流しております。
後述するスマホは、数秒時間差でリロードさせます。
例によって、30秒のカウントダウンが始まりますが、
PCとスマホでのタイムラグを作ることにより、集中力を保ちます。

■スマホはあくまでも保険

複数台の端末でエントリーする方が早く繋がる確立は高いと思います。
自身の複数台に加え、家族まで動員する方もいらっしゃいます。
しかし今回、PC3台+スマホで臨んだ知人は失敗しております。

私は本命は有線光回線のPC1台で、スマホはあくまでも保険。
PCがフリーズ等のトラブルがあった場合の押さえ。
大太刀→PC
小太刀→スマホ
二刀流も基本は大太刀がメインで、小太刀はサブです。

要は、集中力の問題だと思います。

■入力アシストの活用

せっかく回線が繋がっても、入力に時間がかかってしまってはイケマセン。
知っているようで知らないのが、ランネットの入力アシストサービス。

入力アシストとは、エントリー時の質問項目のうち、よくある質問をあらかじめ登録しておき、
エントリー内容の入力時に自動で入力欄にデータを反映することで、入力作業を削減する機能です。
※2016年4月4日からスタートするサービスです。
<ランネットより引用>

180321入力アシスト

このサービスのおかげで、今回の富士登山競走のエントリーでは「レース参加回数」→1回の入力のみで済みました。

なお、メモ帳等に入力しておきコピペする方法も紹介されておりますが、
個人的にはオススメしません。
エントリー画面とメモ帳画面との切替(Alt+Tab)が結構煩雑です。
それなら単語登録の方が良いと思います。

ベストタイムを出したレース名

「だ」→第4回サンスポ古河はなももマラソン


■クレジットカード情報の事前登録

これも賛否両論ですね。
セキュリティーの問題もありますからね。
ランネットでは、支払いに使用するクレジットカード情報を事前に登録できるようになっております。
登録しておけば、番号や有効期限やカード名義人の入力を省略することができます。

180321クレジットカード情報

入力の手間を省くなら、コンビニ払いの選択も正解ですね。


他にも細かいことはいろいろあるのですが、また今度。
多分、今度はない?・・・
これくらい工夫(努力)してダメだったらしょうがないと思います。

クリック合戦敗北は嫌だけど、「抽選」よりよっぽど良いと思っております。
抽選→エントリー期間に申し込んだ人が後日抽選される方法。

以下、私見です。

抽選は一見平等ですが、ある意味不公平。
やっぱり、時間の都合を付けた上で、様々な工夫をした人がエントリーの確立が高まる「先着順」の方が公平かと?
自身も先着順のエントリー開始日には、ある程度の犠牲(社会人としての)を払ってPC前で待機しております。
もちろん、仕事等でエントリー開始日時にPC前に待機できない方がいらっしゃることは分かっております。


少し役に立った、
そんなの常識だよ、
もっと必勝策あるだろ、
応援のクリックをいただけるとうれしいです。


にほんブログ村
スポンサーサイト
  1. 2018/03/21(水) 09:14:45|
  2. レースエントリー
  3. | コメント:2
<<この世から無くなって欲しいもの、それは携帯電話 | ホーム | 【リベンジ】 富士登山競走(五合目)エントリー 【なるか?】>>

コメント

富士登山競争

五合目エントリーおめでとうございます。チームの仲間が走るので私も7月初めの練習に参加します。64歳まで21回連続完走で終わりにしました。五合目通過タイムのベストは1時間36分台でゴールのベストは3時間22分台です。私の住んでいる所は坂が無くて坂の練習はしませんでしたがよく走れたと思います。みっつさん今年しっかり走って山頂コースの資格を取って下さい。
  1. 2018/03/22(木) 16:40:02 |
  2. URL |
  3. k.takao #bncAx0zQ
  4. [ 編集 ]

k.takaoさん

コメントありがとうございます。

それにしても21回連続完走、そして3時間22分台のゴールは驚愕の記録です!本当に凄いです!!
欲を言えば、1時間50分を切って翌年のAブロックを勝ち取りたいのですが、現実的にはBがやっとかな?と思っております。
遠いので頻繁に試走はできそうにないので、赤城山で練習しようと思っております。
しっかり練習して、山頂コースの切符を掴み獲ります。
  1. 2018/03/22(木) 18:22:31 |
  2. URL |
  3. みっつ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する