FC2ブログ

On Your Marks~さいたまより

単身赴任のおっさんがグランドスラム達成を目標に頑張ってます。

【レポ中編】 富士登山競走

7月31日 ランオフ
身長 / 体重 →170.5 / 未計測


ここ数日、横着して晩酌をアルミ缶シリーズにて行っておりました。
今はハイボール中心ですが、ソーダで割る行為自体すらが面倒くさかったのです。
あとボトルで飲むとドクドク注いでしまい、結果量を飲んでしまうのです。
節酒の意味も込めてアルミ缶で飲んでおりましたが・・・

190731缶


正直、キリがない。
空き缶がとんでもなく溜まってしまいます。
今宵より、ウィスキーボトル仕様に趣旨替えしました。
(角瓶は高いのでトリスです・・・)


さて、(酔っ払状態での)レースレポ。

スタートし数百メートル走って左折。
ここから緩やかな上り基調となります。
ガーミンの1km毎のオートラップは切っているので、どのくらいで走っているのかはワカリマセン。
(そもそも全く練習していないので、体感スピードと実際スピードの差異なんか分かりようもありませぬが)
ただ、昨年暦年でグランドスラムを達成し、今年も既にサブスリーを獲っているラン友がすぐ前に居ることを考えれば遅くないのか?
そんなことを思いつつ走っておりましたが、冨士浅間神社へ向かう左折前に抜いてしまった。
(後で抜き返されたけどね)
それくらい、身の丈以上に突っ込んだ前々半。

冨士浅間神社での給水はカオス状態(驚)
フルマラソンの給水とは「段違平行棒」です。
短い給水レーンで、肉弾戦が展開(笑)
実はこの時点でかなりの疲労を感じておりました。

しっかり給水・かぶり水した後、中の茶屋を目指します。
ここからの4kmチョイまではしっかり走り切りたいところ。

北麓公園の看板付近で、はてブロのびあーさんと遭遇。
白のはてブロノースリで気が付き、一声掛けさせていただきました。
しかしその実、早くも撃沈一歩手前でかなり厳しい状態。
全然付けず、あっという間に見えなくなってしまいました。

中の茶屋手前にも関わらず、歩きたくて歩きたくてしょうがない。
でも、右・左どちらに寄って歩いても他のランナーの邪魔になりそう。
(さすがにこのタイムゾーン / この区間で歩く人は居ない)

意を決し、体感で2段くらいペースを落としました。
すると、心肺のバクバク感が若干治まりました。
それでも、あまり抜かれません。
ここまでが自分比、速や過ぎたのでしょう。
(それが作戦でしたから・・・・)

中の茶屋には37分54秒(手元の時計)で到着。
メルクマールの38分に対して、マイナス6秒。
ペース配分等、紆余曲折しながらも予定通り。

ここから、馬返しまでの3.5kmが正念場です。
昨年の五合目レースの時は馬返しまで走り切りました。
しかし今年の試走では、全て歩きが入りました。

傾斜が大きい地点は走りと歩きのタイム差は少ないと考えておりました。
よって、馬返し近くの急傾斜は今年は歩きも「止む無し」。
少なくても大石茶屋(だったけ?)までは走る!と心に決めておりました。

そうすると、大石茶屋過ぎた瞬間から歩きたくなりますね。
我慢に我慢を重ねて走りましたが、
目の前を歩く既出の知り合いグランドスラマーが歩ているのを見て、誘惑に負けました。
ついに歩いちゃいましたよ・・・

その後、2回ほどラン&ウォークを交えたところで馬返し手前の急坂。
この急坂こそ走りと歩きではあまりタイムに影響はないはずですが、
なぜか心肺を使い乳酸をため込みながら走ってしまったW

本気でクラクラしながら給水所へ。
かぶり水の順番を割り込みされたりしましたが、
疲れ切ったワタクシはなすがママ。
(きゅうりはパパ状態)
「生ける屍」状態とはまさにこのこと。

かぶり水して、
水を2杯飲んで、
スポドリ1杯飲んでから小休止。

そして馬返しのマットを踏んだ。

1時間04分09秒
当初の予定1時間05分に対し、マイナス51秒

ぜぇ~はぁ~
ゼェ~ハァ~
本気で呼吸が辛い・・・

疲弊度は想像以上。
100ある内の80は使ってしまった感。
周囲のランナーと比べて、自身のゾンビ具合半端なかったですね。


あのぉ~
これから登山道を登るのですか?

鉛のような重い絶望感しか感じなかったですね(苦笑・・・


まさかのレポ後編へ。
応援のクリックをいただけるとうれしいです。


にほんブログ村
スポンサーサイト



  1. 2019/07/31(水) 21:41:17|
  2. レースレポ
  3. | コメント:0

【レポ前編】 富士登山競走

7月29日 ランオフ
身長 / 体重 →170.5 / 未計測


富士登山競走後の土曜日・日曜日は仕事でした。
そして月曜日は休日。
レースのことを心配しないで休める休日って幸せだ。

まずは愛車を車検に出してきました。
このような空間に仕事で訪問するのはいつものことですが、
純粋にお客さんという立場での訪問は本当に久しぶりです。
※20年振りくらい?

190729コペン車検

グンマーからの移転客ですので、相手はワタクシの素性は知らない。
でも、日頃の習慣でやたら遜ってしまう。
そして、隣席の営業スタッフの会話が気になる(笑)

預かり車検ですので、受け取りは夕刻。
それまで時間がたっぷりありましたので、
以前から気になっていたお店に行ってきました。

清水時計店さん

店長のべんひろさんはランナーでブロガー。
以前より、ブログ村での新着記事で上がってくる情報を楽しみに拝見しておりました。
今回はランニング用サングラス購入のための訪問。
検査・調整・その他色々親身にご対応いただきました。

出来上がりは1週間後。
今からとても楽しみです。
手元に届きましたら、また別記事で書きたいと思います。


さて、レースレポ前編。

スタート地点の富士吉田市役所に到着し、預け荷物等の確認をしていたところ、
山頂付近の天候不良による五合目打ち切りのアナウンス。
一気にモチベーションが下がりましたね、正直。。。
(結構、淡々とアナウンスされるのですね)

スタート前の整列は、Bブロック先頭から5列目くらい。
結構、ナイスポジションでした。

開会式では大会会長さんや市議会の議長さんがあいさつしましたが、
絶好のコンディションの下で開催されることが前提の内容。
直前に五合目打ち切りになって切り替えが難しいのは我々と一緒か(笑)

おなじみのエイ・エイ・オーで自身の気持ちも切り替わり、
五合目2時間10分以内ゴール必達を目標としました。
2時間10分以内は山頂コースBブロックでの出走権獲得を意味します。
いつ参加できるか分かりませんので、少しでも長く出走権は持っていた方が良いと思ってのこと。

大まかな作戦
・馬返しまでのロードで頑張り(自分比)、
・馬返しからの登山道は粘る!

特にロード前半、スタートから冨士浅間神社までの2.7km。
この区間は傾斜も緩く走りやすい。
同じ貯金を作るなら傾斜が緩い方が消費エネルギーが少ないハズ。
ここの区間は気持ち速め速めだ。
富士登山競走の攻略記事とは真逆の作戦(笑)
(大体は「ここは抑えて・・・」みたいに書いている)

7kmの中の茶屋までは粘り38分以内で到着、
馬返しまでの3.5kmは場合によっては早歩きを入れて27分以内。
ロード区間を65分=1時間05分以内で走る。

7/13日の試走ではゆっくり歩を進めて、
馬返し→佐藤小屋まで66分=1時間06分で行けている。
少し余裕があったので、本番では3分位は短縮できそう。

・65分+63分=128分=2時間08分
*去年より10分以上遅くてもよい
*富士登山競走を走っていない方にとってはハテナ?なハナシ。


手元の時計のオートラップは解除し、手動に切り替えました。
ラップを取るのは中の茶屋と馬返しのみ。
それでじゅうぶん。

スタートまでのわずかな時間で作戦は立てられた。
他人が作ったラップ表ではなく、自分の試走が基になったもの。
きっとできる。後は実行するのみ。


スタート!

ロスタイムは未計測。
そんなことよりとりあえず中の茶屋まで38分以内!


後編に続きます・・・
応援のクリックをいただけるとうれしいです。


にほんブログ村
  1. 2019/07/29(月) 17:36:51|
  2. レースレポ
  3. | コメント:2

富士登山競走(五合目打ち切り)時間内完走できた理由

7月28日 ランオフ
身長 / 体重 →170.5 / 未計測


富士登山競走も終了し、
各方面の活動も通常モードへ戻りました。

190728どでん
どてん@北浦和

190728トリスハイボール
飲酒しながらのブログ執筆活動(笑)


さて、掲題の件。

ヘタレのワタクシでも、今回時間内完走できたワケ。
それは、強い「気持ち」と「試走」だったと思っております。
気持ちに関しては個人差がありますし、
最終的には根性論的なものになってしまいますので今回は措きますね。


さいたまへの異動がきっかけで、あまり練習ができていないことは何度も書かせていただきました。
特に6-7月は酷く、富士登山競走の試走以外走った日は2日間だけ。
記録によると・・・

・6/04 ジョグ7.2km (7:07/km)
・6/09 駅伝 3.0km
以上!
2か月で10.2km押忍!!

まあ、こんなんで山頂を目指すなんておこがましいにも程がありますね。


試走は4回行いました。

・6/01 市役所⇔一合目
・6/02 市役所⇔五合目
・7/13 馬返し⇔山頂
・7/21 市役所→五合目
*復路の馬返しからは馬返しワンコインタクシー

富士登山の試走といえば馬返しからの登山道をイメージしますが、
ワタクシの場合はたった4回のうち3回が市役所→馬返しまでのロードを走っておりました。
ロード区間はわざわざ富士山に行かなくても近くのコース(峠走や坂ラン)で代替できるという意見もありますが、
ワタクシはやっぱり市役所→馬返しは特別だと思っておりました。
特に中の茶屋から馬返しまでの約3.5kmは他では体験できないと思っております。
悪路・後半の傾斜等々、、、

試走でのロード区間は特段新鮮味も無く、
徐々に傾斜が厳しくなるコースに逆切れしそうになります。
でも、結果的にここを何回か経験していたことが本番レースでは大いに役立ちました。

明日レポでも書きますが、
馬返しまであと2-3分でも遅かったら2時間10分切り(Bブロック出場権)はおろか、
2時間15分以内の完走も厳しかったと思います。

もちろんロードの走力・自力がある方にとっては、
市役所→馬返しまでの試走はあまり意味がないと思います。
あくまでのギリギリ完走レベルのハナシです。


来年エントリーできるかわからないけれど、
山頂を目指すなら可能な限り練習を積んでドキドキしながらスタートラインに立ちたいです。
スタート前のエイ・エイ・オーを声高らかに叫びたいです。

応援のクリックをいただけるとうれしいです。


にほんブログ村
  1. 2019/07/28(日) 18:12:23|
  2. レースレポ
  3. | コメント:4

【速報】 富士登山競走

富士登山競走山頂コースは、
山頂付近の荒天により五合目打ち切りになりました。
スタート1時間前にそれを知った時、
正直モチベーションは大幅にダウンしましたよ。。。

しかし現状山頂コースを完走できる走力が整っていないワタクシ、
身の丈に合ったコースで全力を出すことに気持ちを切り替えました。

・・・・・

190726富士登山応援ナビ

タイム:2時間7分55秒

タイムは去年の五合目コースより10分程落としております。

でも、今持っている力を全部出し切ったと思っております。
ホントにホントに辛かったけど、
流れる汗と垂れる鼻水も拭うことなく脚を動かし続けました。


190726心拍数


効果190726トレーニング

数値はウソつかない・・・



お疲れ様でしたのクリックをいただけるとうれしいです。


にほんブログ村
  1. 2019/07/26(金) 19:09:10|
  2. レース速報
  3. | コメント:6

定時ダッシュで富士山方面へ向かいます

7月25日 ランオフ
身長 / 体重 →170.5 / 61.10kg


さて、明日に迫った富士登山競走。
珍しく準備も前日までに終わらせました。
本日は定時ダッシュで職場を離脱し、前日受付会場へ向かう予定です。

21時が受付終了時間ですので、
道路が渋滞するとちょっちヤバい。
近場のインターから乗って都内経由で行く方法が早く到着する予想が出ましが、
都内は恒常的に渋滞しているのでリスクは高い。
試走で行っていたように、
郊外のインターから行く方が良いのだろうか?
そうなるとインターまでの一般道がかなり混雑しそう。

いずれにせよ受付時間内に会場に到着することが、
レースのゼロ関門(笑)になりそうですね。

無事受付できたら河口湖近くの民宿に泊まり明日に備えます。
レース前日ですのでやっぱり禁酒になるでしょう。残念ですが・・・
レースの直前準備が終わり次第、早めに就寝したいところです。


何度も何度も書いているけど、
制限時間内で完走するイメージは全く浮かびません。
どのような結果になっても当日中に速報を上げる予定です。

ご一緒される方、当日はよろしくお願いいたします。


持っている力は全力で出し切ります。
応援のクリックをいただけるとうれしいです。


にほんブログ村
  1. 2019/07/25(木) 12:00:00|
  2. 徒然日記
  3. | コメント:2

愚痴を聞いてくれ!

7月24日 ランオフ
身長 / 体重 →170.5 / 60.80kg


今夜は金曜日に開催される富士登山競走の準備。
服装と装備は「なるべく軽く!」をコンセプトに。
服装はランパン+ランシャツをベースに、
装備は小型のウェストポーチに入るだけを持参予定です。

190724補給

サプリ等は写真右上から反時計回りに、
レース前夜→レース当日朝・レース直前→携行分。
在庫分の賞味期限間近で揃えてみました。
あとは防寒用のビニール袋と手袋と現金程度。
まあ、こんなモンでしょうかねぇ・・・?


さて、掲題の件。

金曜日に休暇を取得するため、今日・明日に仕事の予定をガッツリ入れておりました。
そして、土曜日・日曜日も出社予定。
それでやっと遅れをとらないスケジュール感。

本日、同年代の同僚が腰痛を理由に休みました。
確か前日から、「腰が痛い、腰が痛い」アピールしてたな。
まあ、人のことは関係ない。

朝の会議が終了し、さあ休むために仕事仕事!
外出しようとしたら、会社携帯にメールが着信。
休んでいるカレからでした。

○○企画書の提出締切が今日なんだけど、
代わりに作って提出しておいてください。

おいおいおいおい・・・
締切日までノー着手だったのかよ。
今から一からワタクシが作るのかよ!
急いでも半日仕事だよ・・・

追加でメール着信。

今日締切だった△△の数字報告だけど、
適当でいいから代わりに出しておいてください。

その後も、

××の件急ぎなんだけど、
まだ手を付けていないんだけど対応可能だったら・・・
よろしくお願いします。
内容はお任せします。


お願いは全てメールです。
電話すらありません。

そう言えば今までもそんなことがチョイチョイあったような。
今思えば、絶対に確信犯だな。
お願いするときは神妙な顔しておりますが、
代わりにやってあげて目の前の危機がとりあえず去ると、
やたら饒舌になりはしゃぐ。その繰り返し。
正直、少しムカついていた。


おかげで自身の仕事は1ミリもできず。
山のような仕事を残したまま、富士山へ行くことになりそうです。



ぐんまマラソン当日朝に中度のギックリ腰になりながらも完走、
別大の数日前に重度のギックリ腰になりながらもサブスリー。
そんな人が居たらしい(笑)
爪の垢を煎じて飲ませようか?

・・・・・

あ~スッキリした!
愚痴ってスミマセン・・・


ちょっとカルシムが不足気味なワタクシに、
応援のクリックをいただけるとうれしいです。


にほんブログ村
  1. 2019/07/24(水) 22:50:01|
  2. 徒然日記
  3. | コメント:0

富士登山競走当日の天気

7月23日 ジョグ8km (7:00/km)
身長 / 体重 →170.5 / 61.25kg


本日の夜はゆっくりジョグ。
平日夜に走ったのはいつ以来でしょうか?

キロ7でテクテク、ポクポク。
仕事のことやあれやこれやを考えながら走りました。
ぼっち晩酌で泥酔するよりはるかに生産性がありますね。
まあ、続かないだろうけどね(苦笑・・・


さて、掲題の件。

富士登山競走まであと3日。
思うような練習ができなかったことを今さら憂いても詮無いハナシ。
あとは当日どれだけよい状態で走れることくらい。

そんこんなで・・・

フルマラソンレース前に確認しているのと同様に、
富士山の週間天気予報を確認してみました。

190723富士登山天気予報

レース当日のみA指数で、その他は全てC指数。

・A→登山に適しています
・B→風or雨が強く、やや登山に適していません
・C→風or雨が強く、登山に適していません

予報が前後1日でもずれたら大変なことになりそうです。
通常のロードレース以上にコースコンディションは大切かと・・・
風雨に体温を奪われ、凍える体でジ・エンドだけはイヤイヤ!
(五合目で終了となれば、その心配も杞憂に終わりますが)


ご一緒される方、お互いに頑張りましょうね。

応援のクリックをいただけるとうれしいです。


にほんブログ村
  1. 2019/07/23(火) 23:01:45|
  2. 徒然日記
  3. | コメント:0

【最終】 富士登山競走試走?(五合目コース)

7月22日 ランオフ
身長 / 体重 →170.5 / 61.00kg


昨夜スーパーで購入した本鮪の目玉を焼いて食べました。
脂が凄かったので、できるだけ脂分をカットしたつもりでした。
消化できない脂の影響で、本日は一日中OPP状態。
おかげ様で少し痩せたかもしれません(苦笑・・・


さて、掲題の件。

昨日の日曜日、全く予定していなかったのですが、
急遽、富士山へ行ってきました。
※単身赴任者のフットワークの軽さ

レースまで1W無いので(レースは平日金曜日)、
ガッツリ練習すると疲労が残ります。
体の高所順応を目的に、五合目まで走ることにしました。

190722幟
富士吉田市役所付近は、既にレースの雰囲気が!


山頂コースを制限時間ギリギリでの完走を想定した場合、
五合目を2時間10分以内で通過したいところです。
(いや、2時間10分では渋滞等で厳しい?)

そう考えると、
スタートから馬返し(ロード):1時間5分
馬返しから佐藤小屋(登山):1時間5分
→小計:2時間10分

さらにロード部分を細分化すると、
スタート→富士浅間神社→中の茶屋:38分
中の茶屋→馬返し:27分
(これでも結構甘い甘い設定??)

走力劣化中ですが、
そこそこ真面目に走ってみました。

・・・・・

・・・・・

・・・・・

残念な結果発表をいたします・・・


・スタート→中の茶屋
→42分21秒(4分21秒の遅れ)

・中の茶屋→馬返し
→28分47秒(1分47秒の遅れ)
※スタート→馬返し
→1時間11分8秒(6分8秒の遅れ)

・馬返し→佐藤小屋
→1時間13分5秒(8分5秒の遅れ)
※スタート→佐藤小屋
→2時間24分13秒(14分13秒の遅れ)

190722ガーミンラップ
エビデンス・証憑・証拠
※1ラップ目は富士浅間神社


完走ペースどころか、
五合目関門にも引っ掛かってしまうじゃありませんか!

むむむ・・・

厳しいと思っておりましたが、
数値で現実を突きつけられると絶望的な気分になります。
最低でも佐藤小屋までとは思っていたのですが・・・


あとできることといえば、
今晩からの禁酒くらいでしょうか(笑)

スタートラインには立ちます。
応援のクリックをいただけるとうれしいです。


にほんブログ村
  1. 2019/07/22(月) 20:28:32|
  2. 練習日記
  3. | コメント:2

【続・自慢】 父の日のプレゼント パート2

7月18日 ランオフ
身長 / 体重 →170.5 / 61.10kg


ブログ村の先輩KJさん同様、単身赴任のワタクシ。
単身赴任10年目、独り生活を謳歌しております。

留守宅からは滅多なことでは電話連絡等はございません。
下手すりゃ、1カ月くらいはヘーきでNO連絡。

ブログ更新を止めていた時、珍しく妻から電話がありました。

ブログが更新されていないから、倒れているんじゃないかと思って・・・

ブログの更新は、留守宅家族への生存確認の意味も含まれております。

(家族にとって、ワタクシの酔っぱ等の愚行は日常の範囲内です)
(よって、ブログを見られても無問題)
(家族にも見られていることが抑止力となり、ワタクシのブログは平和が保たれております)


さて、掲題の件。

約1ヵ月前の父の日のエントリーで娘っ子の自慢を展開したワタクシ。
実はその後にも父の日のプレゼントが届いておりました。
時期を外した感満載ですが、
思いっきり娘loveの発露を許してくれたまえ。

父の日のプレゼント190718

docomoのサービスdフォトを活用したフォトブックです。

10年近く単身赴任しているワタクシですので、
高校2年生の娘っ子人生の2/3近くは離れ離れ。
こういうプレゼントはホント涙腺が緩みますね・・・

190718マルと娘っ子

カワイイのぉ・・・


親バカなみっつさんに、
応援のクリックをいただけるとうれしいです。


にほんブログ村
  1. 2019/07/18(木) 19:17:06|
  2. 徒然日記
  3. | コメント:2

富士登山競走試走?(馬返から山頂まで)

7月14日 ランオフ
身長 / 体重 →170.5 / 62.75kg



富士山ダメージが半端ないっす。
太腿前と脹脛の筋肉痛が酷いですね。
サボりではなく、本気のランオフです。

ブログ復活記事にコメントとバナーポチ、ありがとうございました。
本当に本当にうれしかったです。
これからも頑張る!と強く思いましたよ・・・



さて、掲題の件。

過日、富士登山競走のコースを走って参りました。
戦略的な「試走」というより、走力劣化の現実直視のためです。
この走りでメタメタになって、本番は清々しくDNSする!
走ったのは、馬返し→山頂までの登山区間。

本番でのギリギリ4時間30分以内完走をイメージすると、
・市役所→馬返し:1時間05分
・馬返し→五合目:1時間00分
・五合目→山頂 :2時間25分
※渋滞等、考慮無し

ちなみに昨年の五合目コース出走時のデータは以下の通り。

190716昨年のタイム

仕上がっておりませんでしたけど、
今の状態よりは全然走れておりました。
これは実力・走力以上のタイムだったと思います。
しかし、五合目で息絶える(笑)位の勢いで走ったタイム。
今年の山頂コースチャレンジの参考にはならない??

大甘に見ても練習で馬返し→山頂を3時間30分掛かるようだと、
箸にも棒にも掛からぬ、と言えるでしょう。
馬返しまでの上りのロード約11kmを走っていないフレッシュな脚で、
3時間30分なら完璧にアウト!!
そんなことを考えつつ、馬返しをスタートしました。

・馬返し→五合目:1時間06分超

練習だから、数分遅れるよね、

・・・・・

砂礫にメチャクチャ苦しみ、

岩場で脚が攣り、

気が付くとなんか体調がオカシイ
高山病?

・・・・・

・・・・・


色々な方に「大丈夫ですか?」と声をかけていただき、
何とか頂上へ歩を進めます。

(気持ち悪い中、無理に頑張っていたら複数の方に言われました。
高所に慣れていないうちはゆっくりゆっくりだよ)
(無理して急いでもダメダメ)

正直、あんまり覚えていない・・・

気が付くと山頂付近の、懸案だった石積み崩落地点に到着。

190715崩落場所修復

修復は完了したのかな?


大甘の3時間30分どころか、
4時間を大幅に超過し山頂へ辿り着きました。

190715山頂地点


想像以上の厳しさを体験しました。

当初の予定では冷静にDNS判断でしたが、
前エントリーの通り関門収容DNF前提で出走します。
今年色々な経験をすることによって、来年の糧になると信じて走ります。歩きます。登ります。


応援のクリックをいただけるとうれしいです。



にほんブログ村
  1. 2019/07/16(火) 22:16:48|
  2. 練習日記
  3. | コメント:6
次のページ