On Your Marks~グンマーより・・・

単身赴任のおっさんがグランドスラム達成を目標に頑張ってます。

みっつ、日光にてマスコミデビュー(笑)

6月22日(金) ランオフ 6月累計 169.6km
体重 / BMI → 61.45kg / 21.1


本日、レシート等でパンパンになったマイ財布を整理しました。
その際、出てきたレシート→過日の「サシノミ」のヤツ。

180622飲んだレシート

当日は、飲みホーダイで予約。
ほぼ初対面、2j時間30分弱の飲みで合計19杯ナリ(苦笑・・・
さすがウルトラを走る女子は肝臓も強い!
お互い自宅まで遠いので自重した感アリでしたので、まだまだ伸び代アリ(笑)


さて、掲題の件。

日光ウルトラマラソンを無事ゴールした後、
某スポーツ誌のインタビューを受けました。

ゴール後の涙とその後の笑顔が素敵だったので・・・
らしい・・・
恥ずかし、恥ずかし、

某スポーツ誌は、普通にコンビニ等で売られている全国規模の銘柄。

正直、メンドクサイと思いましたがテケトー真摯に対応。


・・・・・・


なんてコトがあったことを昼食のサラダチキンを食しているときに思いだしました。

とりあえず、ググってみました。


すると・・・


ジャン!


180622スポーツ前半


ワオ!
記事、あるバイ!!

そして、スマホ画面をスクロールすると・・・


180622スポーツ後半


ワタクシのコメントが掲載されておりました。


ホントは、いろは坂が辛すぎて逆ギレしたこと、
ホントは、東照宮境内の砂利上りに逆ギレしたこと、
ホントは、江戸村の砂利道が走りにくて逆ギレしたこと、
ホントは、杉並木街道の上りで逆ギレしたしたこと、

は、ブログネタ。辛くて実際、そう思った瞬間アリ・・・
ネタにもしていないケドね

完走直後に発した言葉が、素直な気持ちです。


来年、日光のウルトラが開催されないかもしれない、
自身も転勤で関東圏に居ないかもしれない、

もし、日光のウルトラが残って自身が参加できる範囲に居住していたら、
また絶対に走るよ!


日光ウルトラ関連はオシマイ。
次はフルのサブ3とウルトラのサブ10の難易度について書きたいと思っております。
応援のクリックをいただけるとうれしいです。


にほんブログ村


スポンサーサイト
  1. 2018/06/22(金) 21:24:30|
  2. レースレポ
  3. | コメント:0

【レポ後編】 日光ウルトラマラソン

昨日6月20日(水) ランオフ
本日6月21日(木) 未定
6月累計 169.6km
体重 / BMI → 未計測


回復傾向にはございますが、未だ脚や膝の痛みは残っております。
飲みたくて連続ランオフはよくあることですが(それが常態)、
レースのダメージが残って数日走られないなんて、ここ最近あったかしらん?


さて、レースレポ後編。

レース序盤のいろは坂をメインとしたアップ&ダウン区間で、心と脚と足に甚大なるダメージを受けてしまったワタクシ。
不本意ながら禁断のロキソニンを投入。
その後、東照宮境内の砂利上りで、ついに歩きまで入ってしまう始末。
正直、サブ10どころかDNFすら頭をかすめました・・・

・緩やかな下り基調のフラット?区間
※40km~80kmまで

東照宮の坂を上がり大きく右に折れたら、そこからはフラット区間。
いや、微妙に下っている?
いろは坂の下りのような急傾斜は走り難いのですが、この微妙な下りってヤツは一番走りやすい。

先ほどまでDNFを考えていたほどヤヴァかったワタクシが復活。
ロキソニンと微妙な下り基調の相乗効果であることは分かっておりましたが、かりそめでも復活できたのはうれしい。
まあ、その分のツケを今払っているのですケドね・・・

ここからは単純な市街地ロード?ですが、フラットな区間となります。
個人的にマラソンレースに景観の良さを求めないワタクシ、
退屈な景色でも走りやすいほうがずっとずっと良いのです。

信号で止まらない限り、キロ5:15~5:25くらいのペースが刻めます。
このペースで走っている限り、サブ10に対し1kmあたり45秒~35秒の貯金ができていることになります。
これを60km→70km→80kmと先まで続けることが、サブ10に近づくことを意識して走りました。

もちろん一錠のロキソニンだけでDNF寸前状態から脱却した訳ではなく、持参していたあらゆるものを投入しました。

48km→長城清心丸(EXILE御用達の滋養強壮薬)
61km→カフェイン200mg1回目
66km→芍薬甘草湯/ロキソニン2回目
78km→カフェイン200mg2回目/ロキソニン3回目
※不定期にBCAA顆粒数回

カラダに良いのか悪いのか、
ナニが効いているのかワカリマセン。
もはや体内カオス状態です。

この区間、
江戸ワンダーランド日光江戸村、
鬼怒川温泉街・鬼の階段、
東武ワールドスクエア、
などの観光地を回りましたね。
日光江戸村や東武ワールドスクエアでは、ご丁寧に敷地内まで走らされ走りました。
さらし者(笑)

信号で止まると大きくタイムロスしましが、それ以外は大崩れせず走られた区間。

サブ10に対し、
50km地点で18分強の貯金
60km地点で23分強の貯金
70km地点で30分強の貯金
80km地点で34分強の貯金

【ラップ】
40~50km 0:53:43 (5:22/km)
50~60km 0:54:14 (5:25/km)
60~70km 0:53:37 (5:22/km)
70~80km 0:56:38 (5:40/km)


・上り区間
※80km~ゴール

気がつくと回りは全て緑ゼッケンのランナー達。
1時間30分遅れでスタートした62.195kmを走られる方です。
前半のいろは坂区間は走らず、後半の市街地コースを我々100kmランナーと走ることになります。
ゴール地点は一緒ですので、我々より38km弱少ない距離を走っていることになります。
ただ、だらだらと上りが続く区間、殆どのランナーは歩きになっております。
多分、辛いんだろうな・・・
人のこと言えないケド

83km地点のエイドを出たあたりで、
激Tレッドを着用したモヒカン姿(笑)の男性を発見。

激沈ファイト!

とハイタッチ。
はじめましてのアメブロのたくやんさんでした。
以前よりぱっきーさんのブログで拝見しておりましたよ~

元気を注入いただき、日光杉並木街道へ突入!
しかしこの日光杉並木街道がなかなかの曲者で、
だらだらと上る不整地が延々と続きます。
80km以上走ってきてこの仕打ち、相当凹みます。
周りの緑ゼッケンは全員歩きです。

90km地点のだいや川公園で一瞬フラットになりますが、その後も延々と上り基調。
1kmがとてもとても長く感じられます。

残り2.5kmではラスボス登場。
1.5kmほどの激坂です。
ラストを2.5kmをキロ6で走られれば9時間30分切りも可能でしたが、キッパリ諦めました。
そのくらいの激坂。
走っているヒト誰もいません。

激坂を上り切るとゴールまで数百メートル。
選手を迎えるアナウンスが聞こえてきます。
スタート&ゴール地点のスケートセンターへ向かう上り坂を上り切るとゴールです。

自分のゼッケン番号と名前がアナウンスされます。

ここで100kmのランナーがやってきました。
グンマーのみっつさんです!
お疲れさま!


ゴール前、
激沈頑張れ!の声が。
62.195kmの部を走られたすーぴーさんでした。
お声かけ、ありがとうございました!

前を走る62.195kmのランナーが先にゴールテープを切ってしまったので時間調整し(笑)、
再度テープが張られたことを確認し、ゴール。


タイム:9時間31分56秒

長い長いレースが終わり、安堵の涙がポロリ。
初サブ3やサブ10の時はあっけらかんしていたワタクシ。
不思議だ・・・

【ラップ】
80km~90km 1:00:55 (6:06/km)
90km~ゴール1:05:22 (6:32/km)

【ランナーズアップデート】
180621ランナーズアップデート

【記録証】
180621記録証


レポ、終わりです。


お疲れさまのクリックをいただけるとうれしいです。


にほんブログ村
  1. 2018/06/21(木) 06:54:34|
  2. レースレポ
  3. | コメント:0

【レポ中編】 日光ウルトラマラソン

昨日6月19日(火) ランオフ
本日6月20日(水) 未定
6月累計 169.6km
体重 / BMI → 62.65kg / 21.6
デブ・・・


昨夜、サッカー観戦の前に疲労抜き的なジョグを予定しておりましが、ランオフ。
筋肉痛が酷く、ジョグどころか日常生活にも支障をきたすレベル。
サロメチールをぬりまくって安静を保ちました。


さて、レースレポ後編。

スタートロス49秒でマットを踏みました。
長い長い100kmの旅のスタートです。


・いろは坂を含めたアップ&ダウン区間

スタートするとすぐに2km程度の下り。
ここでスタートロスを挽回します。
その後日光東照宮境内を走りますが、砂利道&上りで一気にペースダウンを余儀なくされます。

13km地点の馬返しまでは緩やかな上り。
無理せずキロ5後半で進みます。

馬返しから約7kmがいろは坂の上りとなります。
キロ7を見ないように進みますが、ガンガン抜かれます。
そんなに遅いのか?

頂点の1,310mを過ぎると中禅寺湖。
ウェーディングしているルアーマン多数。
以前は、アッチ方面だったなぁ・・・と思うも正直余裕なし。
上りで結構脚に疲労が・・・

28km地点から今度はいろは坂の下りです。
斜度が13%ありますので、着地衝撃がスゴイ。
もう少し緩やかだとペースよく走れそうですが、ペースが上げられません。
キロ5:10前後で進みます。
33km地点でいろは坂は終了し、その後40km地点の日光東照宮までは緩やかな下りとなります。

いろは坂を終えた時点で、まだコース全体の三分の一を終えたばかり。
一方で脚は疲労困憊。
上りで乳酸をため、下りで膝と足底にダメージを負った模様。
正直、残り70km弱を走られるとは思えませんでした。

レース序盤にもかかわらず、禁断のロキソニンを投入。
そうでもしないと一歩が踏み出せません。

40kmを終えた時点での経過時間は、3時間47分27秒。
サブ10に対し12分強の貯金は作れましたが、全く余裕は感じられません。
再度、日光東照宮の境内の上りではついに歩きも。
これはヤバイパターンです・・・

【ラップ】
00~10km 0:57:02 (5:42/km)
10~20km 1:05:36 (6:34/km)
20~30km 0:53:40 (5:22/km)
30~40km 0:51:09 (5:07/km)

レポ後編に続きます・・・


いろは坂で頭文字Dを思い出したアナタ、
応援のクリックをいただけるとうれしいです。


にほんブログ村
  1. 2018/06/20(水) 06:23:28|
  2. レースレポ
  3. | コメント:0

【レポ前編】 日光ウルトラマラソン

昨日6月18日(月) ランオフ
本日6月19日(火) 未定・夜走られるか?
6月累計 169.6km
体重 / BMI → 未計測


ウルトラレース後は、奥日光で後泊しました。
宿までの移動中、宿の部屋の中、そして宴会時にアルコール消毒を実施。
夜中、目覚めてさらに・・・

翌朝(昨日の朝)、激しい筋肉痛と数年ぶりに膝外側痛。
腸頸靱帯炎っぽい。

そして今朝。
まだ筋肉痛と膝痛は治まっておりません。
ここまでダメージ残るのは初めてかもしれません。
それだけ、追い込んだということなのかな?


さて、レースレポ。

可能な限り短く鋭く?振り返りたいと思います。

サブ10を獲るためには単純計算でキロ6未満で走れば良いことになります。
サブ10
→100kmを10時間未満
→10kmを1時間未満
→1kmを6分未満(キロ6未満)

もちろん単純計算通りにはいかず、様々なロスがあります。

スタート&スタート後の渋滞ロス、エイドでのロス、
交通規制されていないウルトラのエイドはコースから引っ込んだところに設置されているケース多し。

そして一番大きいのが信号待ちでのロス。
結果論ですが、今回どんなに少なく見積もっても10分はありました。
コースを横断しその後直進する場合、一度で2回信号待ちとなります。

様々なロスタイムを考えると、サブ4ペース(キロ5:40未満)がウルトラレースペースかな?と思っておりました。


一方で、今回の日光の100kmコースは、大きく分けると3つに分けられます。

180619高低図カイ

・いろは坂を含めたアップ&ダウン区間
→スタート~40km

・緩やかな下り基調のフラット?区間
→40km~80km

・上り区間
→80km~ゴール

コース全体を満遍なくキロ5:40で走ることは不可能です。
以下、当日の朝車の中で考えた作戦。

序盤のアップ&ダウン区間、
スタートからいろは坂最高地点までの上りを無理なく走り、下りで上りの借金を返済。
40kmを4時間未満で走り、イーブンor若干の貯金を作る。

中盤の緩やかな下り基調のフラット?区間、
心肺や脚を使わず、キロ5:20前後で走り貯金を作る。
どれだけ80km近くまでこのペースで走られるかがポイント。

終盤の上り区間、
ここまでの貯金を切り崩して無理せず走る。
特に脚攣りや痙攣、故障に注意して走る。

まあ、作戦やイメージ通りに行かないのが常なのですが・・・


AM3:30、スタート地点駐車場に到着。
ゼッケンを引き換え、ウェアの着替え等を行っていたら既にAM4:10。
慌ててトイレを終え、スタート地点に着いた時には長蛇の列です。
まあ、ウルトラの長丁場のレースです、
ここでの1~2分のロスは許容範囲でしょう。

霧雨が降る中、
AM4:30スタートしました。
スタートロスタイムは思いのほか短く49秒。

続きます・・・


レポはあと1~2回で終わる予定です。

ウルトラを走ってみたいと思ったアナタ、
フルまでが精一杯だと思っているアナタ、
いやいや100マイル派のアナタ、
応援のクリックをいただけるとうれしいです。


にほんブログ村
  1. 2018/06/19(火) 06:44:44|
  2. レースレポ
  3. | コメント:0

【速報】 日光ウルトラマラソン

前半のいろは坂で脚が終わってしまい、残りの距離を考えると絶望的な気持ちになりました。
中盤持ち直し、終盤は粘りに粘ってゴールにたどり着きました。
ゴール後は、安堵の涙がポロリ…

タイム:9時間31分56秒
サブ10獲れました。

自分で言うのもなんですが、今日はホントに頑張ったと思います。
持っている力の最後の一滴まで絞り出しました。

お疲れ様でした。


にほんブログ村
  1. 2018/06/17(日) 15:27:46|
  2. レース速報
  3. | コメント:20
次のページ